日本ではまだまだ理解されない

日本では、まだまだタトゥーを入れることは、タブーとされています。
そのため、社会生活で様々な不自由が発生します。

そこで、考えられるデメリットを纏めてみました。

仕事するうえでも障害

タトゥーがファッションとして認識されるようになったのはつい最近の話です。
それまでタトゥーを入れるのは反社会的勢力に属する人ばかりで、まともな人間は入れるものではないという考えが根付いています。

今芸能人やアーティストでもタトゥーを入れるのが流行っていますが、それでもなお世間一般では一般人がタトゥーを入れることを快く思っていないのが現状なのです。当然タトゥーを入れたことによって、自分自身の将来にも悪影響が出てくることが考えられます。

それは就職や出世の時です。学生時代に若気の至り、ファッションを追求してタトゥーをいれてしまったとします。それがもしも就職面接や就職後に発覚してしまったら、厳正な処分を下されてしまう可能性が高いのです。

実際に新入社員の説明会において一部上場企業の一般社員がタトゥーを入れていることについて厳しく言及した人事担当者もいるようです。そこまで厳しく言及しているわけですから、当然入社後にタトゥーを入れていることが発覚したとしたら、退職処分やそれに匹敵する重たい処分が下されることになるでしょう。

それが出世に影響することも十分考えられます。洋服を着ていればタトゥーを隠せると思って、会社にずっと内緒にしていたとしても、タトゥーを入れていることがばれてしまったら、たとえ会社を解雇されなかったとしても、重要な役職には就けないということも覚えておいた方がいいでしょう。

それくらい日本の企業はタトゥーに対して厳しい見方をしていますので、将来のことを考えたら入れないほうがいいのです。

スポーツジムにも断られる

ファッションとしてタトゥーを入れている方が増えてきましたが、タトゥーを入れることによってさまざまなデメリットが生じてしまいます。温泉や公共施設に入場を制限されるということはよく聞く話ですがそれだけではないのです。

 

スポーツジムにも入会を拒否されてしまいます。今健康的にダイエットするのが主流であり、体力作りやダイエットのためにスポーツジムに通っている方も少なくありません。

 

スポーツジムには様々な入会条件があるのですが、ほとんどのスポーツジムにて刺青やタトゥーのある方の入会は一切受け付けていないのです。

 

タトゥーといっても体全体に入れるタトゥーではなく、腕や体のごく一部にだけファッション感覚でタトゥーを入れているケースが多くみられるのですが、たとえ一部でもタトゥーが入っていればスポーツジムに入会することができなくなってしまうのです。

 

小さいタトゥーならTシャツを着ればわからないだろうと思って、タトゥーを入れていることを内緒にスポーツジムに入会することも不可能ではありません。しかしもしもタトゥーを入れていることがばれてしまったら、即効退会してもらうことになります。

 

軽い気持ちでタトゥーを入れることはできるのですが、一生涯そのタトゥーは消えることはありません。タトゥーを入れることによって自分自身は満足かもしれませんが、さまざまなデメリットが出てきてますのです。将来的にスポーツジムに通いたいのならなおさらタトゥー入れるべきではないのです。

トップへ


タトゥーで後悔すること!日本社会ではデメリットの方が大きい記事一覧

オシャレとして一部の人からは指示されているタトゥーですが、社会全体で見るとまだまだ良い印象を持たれていないのが現状です。例えば結婚する時にタトゥーが障害となるようなことも出てくるようです。ある方は御両親に自分の結婚したい相手を紹介したのですが、タトゥーを入れていたことを理由に結婚に猛反対されてしまったのです。若い人にとってタトゥーはファッションの一部でしかないのかもしれませんが、親世代にとってまだ...

タトゥーを入れることにより、B型、C型肝炎の発症リスクが高くなってしまいます。今タトゥーを入れられる所が増えているのですが、特に資格ないため、やろうと思えば誰でもタトゥーを入れることが可能になります。それなので適切な衛生管理をとらずにタトゥーを入れているようなお店や業者で施術を受けた場合、病気感染のリスクが高くなってしまうのです。B型肝炎やC型肝炎は、タトゥーを入れてからすぐに発症するのではなく、...